AID-PIT クライミング運動教室、クライミングジム&コンディショニング

SELFCARE BLOG

肩のセルフチェック方法

クライマーにとって、肩の障害は多くみられます。

そこで2つのセルフチェックを行ってみてください。

痛みや違和感、左右差、クリック音を伴う痛みがある場合は、要注意です!!

①インピンジメント症候群のテスト

スタートポジション
肩甲骨を上げないように、肘をあげます。

②ペインフルアークサイン→腱板損傷(棘上筋)

肩甲骨の平面上(水平内転30°)にて親指を上向きにて外転動作を行う

スタートポジション
外転60°〜120°での痛みやクリック音が出る

外転60°〜120°2枚目と3枚目の間で痛みやクリック音がする

120°〜180°では痛みが消失する

上記2つのテストを行い、痛みやクリック音、違和感がある方は、棘上筋の炎症、または肩甲骨の可動性が低下していることが考えられます。

ストレッチやセルフケアでなかなか良くならない方は、ご相談ください!!

貼って寝るだけセルフケア〜指のキネシオテーピング〜

2019.6.20
指を曲げた状態で爪と第1関節の間にテーピングを貼り指を伸ばす前によく擦ります。
手首まで曲げた状態で、残りのテープを貼り、手首を伸ばす前にテープをよくこすります。

指が腫れぼったい、翌日がこわばる、曲げにくい方のための

貼って寝るだけキネシオテーピング

長さ:25cm

幅:2.5cm

テープを貼る際は、引っ張らないようにおきます。

関節を曲げた状態で、テープをおき、よくこすってから関節を戻します。

戻した際に、テーピングにシワができていればOKです

効果に個人差はありますが、一度試してみる価値はあります。

グッぼるケア

グッぼるケアを始めて、半年が経過しました。

グッぼるケアを利用していただいた方は、70名を超えました。

クライマーの悩みで多いのが、肩、肘、指、膝やハムストリングスの痛みが多いです。

そのような方達は、肩甲骨、股関節の硬さや左右差がほぼ全ての方にあります。

痛い場所のケアだけでなく、痛みが出ている上下2関節のケアを心がけてください!!

例:膝が痛い方は、股関節と足首のケアをする

次回のグッぼるケアは6月29日(土)の16:00~ですので、ストレッチやマッサージはやっているが変わらない方は一度、ご相談ください!!

2019ボルダリング日本ユース選手権@倉吉

2019.5.20

2019年5/18,19ボルダリング日本ユース選手権が行われ岐阜県帯同トレーナーとして参加させていただきました。

岐阜県からは、ユースC女子、ユースB男女、ユースA男子、ユースジュニア男女

総勢男女10名が参加しました。

今回は、残念ながら誰も予選通過できませんでした。

僕ができることは本当微々たるものですが、今後もできる限りのサポートをしていきます!!

これをバネに次の東海ブロック、ジュニアオリンピックに向けて頑張りましょう!!