AID-PIT クライミング運動教室、クライミングジム&コンディショニング

SELFCARE BLOG

クライマー肩関節の症例

Featured Video Play Icon

クライマー症例〜肩関節〜
ハリボテの課題やボリュームのあるホールドを使った課題が多いため、このような事は誰にでも起こりえますので、クライマーの皆さん参考にしてください。

44歳男性 RP2級

ボリュームのあるホールドを、右手でおさえた際に右頸部〜肩甲骨に痛みが走った。
違和感があったが、ジム遠征だったため無理して、そのまま登っていた。首を回旋させると徐々に痛みが出てきた。

約1週間後、AMの仕事中は肩が上がっていたが、PMから急に上がらなくなった。可動域は動画の通りです。
いつもお世話になっている岐阜のスポーツドクターへ御高診依頼
MRIにて腱板損傷は無し、肩関節周囲炎、頸部を痛めた事から右肩甲上神経の損傷疑いがあるとの診断を頂きました。
経過見て改善なき場合は、総合病院の紹介の必要あり。

CAPでの改善までの流れ
週1回で5回+自宅での運動指導、1ヶ月後から施術+院内でのTRXを使ったリハビリ。2ヶ月後施術を継続しながら、ジムでのトラバース、7、8級、3ヶ月後ルーフ、バルジ以外で3級程度登れるようになりました。

現在は、月1回の定期メンテナンス。
故障前より体が動けて登りやすいとの事です!!
その内治るだろうと、1ヶ月以上放置していたら、登るまでにはもっと時間がかかったと思います。痛いから動かさない、動かさないから、動かなくなる。という負のスパイラルに陥ります。

早めに受診していただけたので、肩関節周囲炎の中でも早期に改善しクライミングに復帰できたと思います。

結果論にすぎませんが、登っていて痛めたと感じた際に、無理して登らなければこのようになっていなかった可能性もあります。
そこの状況判断、引き際は、今後長くクライミングをして行くためには必要不可欠です。

登っていて、怪我や故障をしてしまうのは、プロや競技者から一般のクライマーでも誰でもありえます。しかし、日頃からのケアやメンテナンスを心がけることで、故障をする確率は減らせます。

故障をしてしまうと、長期間登れなくなります。
痛みがなくても、筋肉がいつも張っている方、筋肉の緊張が取れない方は、今よりケアやメンテナンスを心がけて未然に防げる怪我や故障を少しでも減らしましょう。

肩の上がりが悪い、捻ると違和感がある、股関節の可動域が悪い方は、メンテナンスをお勧めします。
※個人差や症状により、全ての方に当てはまるわけではありません。
ご了承ください。
※動画は本人の承諾を得て掲載しています。