SELFCARE BLOG

CAP式指のセルフケア②

2018.11.26
Featured Video Play Icon

CAP式指のセルフケア②

関節周りの筋肉や腱を緩めます。

関節を動きやすくします。

優しく持ち、軽く動かすことがポイントです。

CAP式指のセルフケア①〜③を継続して行ってください。

継続しているクライマーから、指が曲がりやすくなった、登った翌日の強張りが違うなどのお声をいただいています。

どこでもできますので、是非習慣にしてください!!

 

CAP式指のセルフケア1

CAP式指のセルフケア3

 

CAP式指のセルフケア①

2018.11.25
Featured Video Play Icon

CAP式指のセルフケア①

手の甲・手のひらの筋肉を緩めます。

握ったり、開いたりする際の動きを改善します。

継続して続けることで、効果を実感していただいているクライマーの方が多数います。

クライマーは指のケアが必須です。

登った後に無理にストレッチして伸ばしていませんか?

痛いところをモミモミしていませんか?

実はそれが原因で改善しない場合もあります。

CAP式指のセルフケア①〜③を毎日の習慣にしてください。

 

CAP式指のセルフケア②

CAP式指のセルフケア③

股関節のセルフケア③

2018.11.25
Featured Video Play Icon

クライマーのためのセルフケア◇おおきくそとまわし◇

足上げにて股関節がつまった感じで痛みが出る方や、ヒールで痛い方、腰が痛い方にオススメです!

脚を大きく外に回します。その際に股関節を外旋させて回します。
外旋とは股関節を外に捻る事です。

股関節を外旋させて動かすと骨盤も一緒に動きますので普段動かしていない腰の筋肉も動いてきます\(^o^)/

腰や股関節が痛い方は、痛みの出ない程度で行ってください。

股関節のセルフケア②

2018.11.24
Featured Video Play Icon

クライマーのためのセルフケア◇ももうらゆるめ◇

ヒールで痛い方、スラブでかき込んだ際に痛みが出る方にオススメです!!

膝を軽く伸ばし、重力で勝手に膝が落ちてくるのがポイントです。

膝を伸ばすと、もも裏の筋肉は反射でゆるもうとします。

なので膝を曲げようとしずに脱力してください。

無理に開脚やストレッチをすると筋肉や関節を痛めます。

まずはモモの裏をゆるめてからストレッチを」するようにしてください。

これから寒くなりますので、怪我にはお気をつけください。

股関節のセルフケア①

2018.11.24

クライマーのためのセルフケア
〜おしりゆるめ〜

ヒールでももの裏が痛い方、腰を反らせて痛みが出る方は是非お試しください。

脚を組んでいる側のおしりが伸びます。

自然に骨盤も一緒に動かしましょう。

無理に引っ張るのではなく、呼吸を止めないように行ってください。